脂肪を溶かして痩せる

注射

手軽な注射で脂肪を溶かす

ダイエットに成功しても、リバウンドしてしまうことがあります。太っている体は、脂肪細胞が余分な脂を吸収して肥大化しています。肥大化した脂肪細胞は分裂して、また新たな脂を吸収して大きくなり、分裂することを繰り返しています。太っている体は、脂肪細胞の数が多いのです。ダイエットに成功しても、脂肪細胞の数は減らず、小さくなっただけなので、もとの食生活に戻すとリバウンドしてしまう可能性が高いのです。その脂肪細胞を除去する方法での痩身施術が脂肪吸引ですが、もっと手軽に利用できるのが脂肪溶解注射です。脂肪細胞を溶かす薬剤を注入することで痩身に導きます。注射をするだけという手軽さが、今後も人気となっていくと考えられている痩身方法です。

その特徴は

脂肪溶解注射の特徴は、脂肪を溶かす薬剤をピンポイントで注入できる点です。部分痩せに向いている方法です。ダイエットでは落ちにくい二の腕や、脂肪が少ない顔などにも利用することができます。脂肪溶解注射に用いられる薬剤は、高脂血症などの治療にも使用されるものなので、安全性も高いです。薬剤を注入するだけなので、施術時間も短くて済み、体への負担が少ないこともメリットとなっています。脂肪溶解注射を行うことで溶けた脂肪細胞は、代謝によって分解され汗や尿として体の外へ排出されます。施術後はこまめに水分を摂取することで、脂肪分解を促します。注射なので1回に施術できる範囲は広くないのですが、脂肪細胞の数を減らすことができ、リバウンドしにくい方法といえます。